トピックス

好きなものを好きなだけ味わえる本格イタリアン?!ネオロマンチカのメインダイニング

2019/06/04 (Tue)

 
 

 
 
こんにちは。コスタクルーズ オウンドメディア編集部です。
 
 
クルーズの楽しみの一つとしてお食事は外すことはできません。コスタ ネオロマンチカの船内では、本格イタリアンのフルコースを味わえるレストランがいくつかありますが、今回はメインダイニングと呼ばれる「ボッティチェリ レストラン」をご紹介。
 
 
フルコースと聞くと敷居が高そうに聞こえますが、そんなことはありません。こちらのメインダイニングの楽しみ方をご紹介します。
 
 

  1. メインダイニングはどんなレストラン?
  2. クルーズ代金に組み込まれている本格フルコースのイタリア
  3. 家族できているけど、キッズメニューはあるの?
  4. レストラン、何時に行けばよいのかな
  5. メインダイニングはクルーとコミュニケーションが取れる場所

   

1.メインダイニングはどんなレストラン?

   

  

メインダイニング ボッテチェリレストラン
お客様にメインでご利用いただくレストランです。このメインダイニングでは、ご夕食の他に、朝食やランチも召し上がっていただけます。おそらくご乗船されたお客様は、こちらのメインダイニングかビュッフェレストランを頻繁にご利用されることになると思います。
 
 
レストラン内は、落ち着いたダーク調のインテリアでコーディネートされており、白いテーブルクロスが際立っています。少し大人のレストランの雰囲気を楽しむことができます。
 
 
レストランの名前にもなっているボッテチェリ。子供のころの教科書で見たことはありませんでしょうか。「サンドロ・ボッティチェッリ」はイタリアのフィレンツェ生まれの画家で、「春(プリマヴェーラ)」「ヴィーナスの誕生」は有名な作品ですね。

 

2. クルーズ代金に組み込まれたフルコースの本格イタリアン


やはり、船上の上で過ごす時間の長い船旅では、は楽しみのひとつです。せっかくイタリア船に乗船されたのであれば、本格的なイタリアンのフルコースを満喫しませんか。

フルコースなので、前菜、スープ、サラダ、パスタ、メイン、デザートからお食事をお選びいただけます。

コース料理と聞くと「どうやって注文してよいかちょっと不安です。」と緊張してしまうというお客様もいるかもしれませんが、大丈夫です。メニュー内、お好きなものをお好きなだけご注文ください。例えば、前菜を3つとスープのみ。メインはナシ!というオーダーでも問題ありません。


前菜
パスタ
ティラミス
日本人はまじめな方も多く、それぞれ前菜から1品、スープから1品、サラダから1品、、、と「すべて選ばなくてはいけない!」と考えるお客様もいらっしゃるのですが、極端な話、「前菜3品、デザート2品。以上。」というオーダーをしても大丈夫。これがクルーズの良いところですね。
 
メインダイニングのお食事はクルーズ代金にすでに組み込まれています。なので、お財布を気にすることなく本格イタリアンのフルコースのお料理を楽しむことができるところもよいところです。
 
レストランには日本語のメニューもありますが、入り口にはこうしたディスプレイも。賢いお客様は、お目当てのお料理のサンプルをスマホで撮影し、ウエイターに見せている姿も船内でお見かけします。
フルコースのレストランでありがちですが、当然ながらメニューは文字だけ。注文後、テーブルに運ばれてきたときに「想像とちがったな」という経験はありませんでしょうか。このディスプレイで防ぐことができそうです。

3. 家族できているけど、キッズメニューはあるの?

メニューは一例です


小さなお子様を連れての旅行でご両親がいちばん気にするのは、お子様のお食事ですね。

特に海外旅行ともなると、子供が食べられそうな味付けのお食事を探すのに一苦労。コスタクルーズなら家族旅行でも安心してください。コスタネオロマンチカのメインダイニングではキッズメニューのご用意があります。

パンケーキにハンバーガーやホットドック、スパゲティなど、お子様になじみ深いお料理をご用意しております。
メニューの裏面はぬりえに。メインダイニングに色鉛筆を持って行くとお子様の時間つぶしに。

「うちの子、ごはんじゃないとだめなんです」というお子様も大丈夫。普段食べなれた白いご飯もご用意があります。もちろん、お子様が大好きなデザートも。メインのお食事はキッズメニューから、デザートは大人用のメニューからと欲張りなオーダーも可能です。

数に限りはありますが、お子様用のハイチェアも用意があります。メインダイニングのボッテチェリレストランは、フルコースのお食事を楽しむレストランですが、お子様も大歓迎

街のレストランでは気を使って、なかなか小さなお子様連れでフルコースのお食事を楽しむ機会もないパパとママも、クルーズでは何も気負わず家族でフルコースのお食事を楽しむことができます。家族でおしゃれをしてフルコースディナーを楽しむのもクルーズならではの楽しみ方ですね。

さらに、お子様は先にビュッフェでお食事をすませ、スクウォッククラブへという方法も。お子様がスクウォッククラブで楽しんでいる間、パパとママだけでゆっくりと夫婦の時間を過ごすことができるのも、普段はなかなかできない時間の過ごし方です。ホテルや街のレストランでのお食事では難しい、このような時間の過ごしかたも、コスタクルーズなら家族それぞれが楽しむことができます。

4. レストラン、何時に行けばよいのかな?



こちらのメインダイニングは2部制(入れ替え制)となっています。1部が17:30から、2部が20:00からとお食事の始まりの時刻は決まっています。 ご自身がどちらの時間に行けばよいか迷ったときは、コスタカードの裏面に記載がございますのでご確認ください。

「プレミアムキャビン」「バルコニーデラックス」および「スイートキャビン」をご予約のお客様に限っては、こちらのメインダイニングの時間を事前に指定することが可能です。

メインダイニングでのお食事は約2時間程度かかります。 日本人のお客様は、日本のレストランに比べるとお食事がテーブルに運ばれるまで時間がかかると感じるお客様が多いようです。 これは食事に対する考え方が日本とイタリアを含む欧米では違うことが挙げられるのですが、あくまでも食事は料理そのものだけではなく、そこにいる空間を楽しむ時間という考え方があります。 
「ゆっくりと会話を楽しみながらワインやお食事を楽しむ。」
この文化をもとにウエイターもお料理のサーブをおこなうため、スローペースです。日本発着のコスタネオロマンチカ太平洋航路では約半分がヨーロピアンのお客様。 ヨーロピアンのお客様同様に、こうしたイタリアンスタイルのダイニングの文化もお食事と一緒に体験いただきたいと考えています。

5. メインダイニングはクルーとコミュニケーションが取れる場所



メインダイニングのお席は、指定席。毎日必ず同じ席に案内されます。なので、隣のお席のお客様とだんだん仲良くなることも。
スタッフもテーブルごとに担当制となっており、基本的に毎日同じスタッフが接客します。そうしたことから、レストランのウエイターも毎日同じレストランで顔を合わせているお客様と次第に仲良くなっていくのですが、これは飛行機での海外旅行ではなかなか起こりえない、クルーズならではの体験ですね。メインダイニングでは、ぜひスタッフとのコミュニケーションも楽しんでください。
コスタクルーズの魅力のひとつに「クルーがフレンドリー」であることが挙げられます。 決して日本語がネイティブではありませんが、みなさん親日家。日本のお客様と仲良くなりたいと考えています。
片言の日本語で話しかけてきたり、反対に日本人が話す片言の英語にも耳を傾けて一生懸命コミュニケーションをとっています。そんなやりとりも、コスタクルーズだからこそできる体験です。

今回はコスタネオロマンチカのメインダイニング「ボッティチェリ レストラン」の楽しみ方をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。そもそも、お食事は楽しくいただくもの。コスタクルーズは、気負うことなく本格イタリアンのダイニングを船上で誰にでも楽しんでいただきたいと考えています。ご乗船の際にはぜひボッテチェリレストランをご利用いただき、クルーとのコミュニケーションを楽しんでいただきたいと思います。