トピックス

これぞ、旅の新常識。1番大事な家族旅行のポイントは?

2019/11/27 (Wed)

楽しむ楽しむ家族 楽しむ楽しむ家族

こんにちは。コスタクルーズ オウンドメディア編集部です。

『結婚前は旅行は大好きで、よく一人でも、友達とも、彼(彼女)ともよく海外旅行に行ってたんですよ。』

そう言う読者のみなさまも多いのではないでしょうか。『けど、子供ができてからは、なんとなく旅行に行っていないんです。家族そろって車で温泉は行くけど、海外旅行なんてハネムーンが最後かなあ』そんな声も聞こえてきそうです。

なぜでしょうか。あきらめるのはまだ早いです!こんな課題解決ができる旅のヒントをお届けいたします!


 

 

家族で行く海外旅行の悩みって
どんなとこ

きっとその理由は「旅費」と「こども連れて行って大丈夫かな」この2点ではないでしょうか。

筆者も出産後の育休中に「海外旅行にゆっくり行けるのは復職前の今だけだ!」と喜び勇んで旅行を計画。はじめての子連れ海外旅行、旅費を計算して驚きました。「ひとりでふらりと旅行に行ってた時は、数万円で行けた海外旅行」が家族3人でのハワイ旅行は100万円弱。もはや、一人旅のように気軽に行ける予算感ではないなと感じたことを覚えています。

子連れ旅行は不安も大きく、いろんな意味で「子ども連れてって大丈夫?」と心配をしているパパ・ママも多いようです。 筆者自身も子連れの海外旅行で一番の鬼門が飛行機だと考えており、子どもが泣いたりおとなしくできなかったとき親は『周りの皆さんにご迷惑だったらどうしよう。』と心の中で気が気でなかったことを思い出します。

やはり家族旅行の最大のポイントは「子どもがたのしめるかどうか」。多少ご飯が大人の口に合わなくても、ホテルのサービスにおもてなしが感じられなかったとしても、こどもが「楽しいね!」と言ってくれれば、「まあ、いいかな」と思えるパパ・ママも多いのではないでしょうか。

家族旅行で1番大事なポイントは、家族みんなで楽しむこと。 信じられないと思われそうですが、実はこれらの苦労や心配事を全部ひっくるめて解決してくれる旅行があるんです! もうこんな心配事、卒業しませんか?

悩む両親

家族旅行にいきたくなったら

 

これで解決!
『これなら家族で行けるね、海外旅行。』

最近TVでも特集が組まれることも多くなった『クルーズ』はご存知でしょうか。 この『クルーズ』こそが、前途の家族旅行の苦労や心配事を解決してくれる旅のスタイルです。 日本ではクルーズというと「豪華客船」「(旅費が)高そう」「リタイアした後のご年配の方の娯楽」「(期間が)長そう」というイメージが先行してしまうようですが、最近はそんなこともないんですよ。むしろ、クルーズは宿泊費、移動費、お食事代、船内のエンターテイメントも全部コミコミ。意外と知られていませんが、クルーズは飛行機での海外旅行よりもコスパがいいんです。

1.『コスパ最高!』
旅費について

家族旅行でのクルーズなら、イタリアのカジュアルクルーズで知られている『コスタクルーズ』がとてもおすすめです。なぜなら「13歳以下のお子様が無料、もしくは半額(※)」だからです。これは、家族旅行のお財布にはとてもうれしいポイントだと思いませんか。大人1名様あたりのクルーズ代金は1泊1万円台~。誰でもが気軽に乗船することができるよう、リーズナブルな価格です。

クルーズ代金には、移動費、宿泊費、お食事代ももちろんコミコミ。船内には、大人も子どももご参加いただける、ショーやイベントが無料でご参加いただけます!まさに、食べ放題、遊び放題の旅行プランでお子様無料なんて、とても魅力的な海外旅行だと思いませんか。旅程も周遊クルーズなら4泊~。片道飛行機を使うものなら2泊~。お仕事を頑張っているみなさまも会社の有給をつかって十分にお楽しみいただくことができます。

コスタネオロマンチカ前の家族

2.『とにかく体が楽なんです。』
客室について

家族で旅行にでかけると、荷物が大量ではありませんか。特に小さいお子様が小さいとスーツケース人数分xベビーカー+手荷物でベビーグッズ+胸元には抱っこひもの中ですやすや寝ているお子様が、、、もう大荷物で移動する旅行は卒業しましょう。

船の客室をキャビンと呼びます。コスタネオロマンチカはイタリア船。内装のインテリアにもとてもこだわりがあります。ヨーロピアンテイストの客室は、まるでホテルです。チェックインの時にお荷物を預けてしまえば、あとは到着の港まで身軽に移動。寄港地では大きなお荷物はお部屋に置きっぱなしで、最低限のお荷物だけで観光できるのも魅力ですね。

クルーズは都市と都市の間を船で移動するため、お子様が疲れてぐずったり、授乳や離乳食の時間になれば、すぐにお部屋に戻ることができます。ベッドで寝てる間に次の都市に到着するのもお子様の体力を考えるとうれしいポイントですね。 クルーズなら、飛行機のようにお子様がおとなしく座席に座っている必要もありません。お子様と広い船内を隅から隅まで一緒に歩いて探検してみてください。

キャビンでくつろぐ家族

3. 『好きなものを、好きな時間に、好きなだけ食べてみよう』
お食事について

家族旅行におすすめなのが、ビュッフェレストラン。プランによっては、船内でフルコースのお食事を召し上がっていただけるのですが、どうしてもお食事の時間が長くなりがち。多くの小さなお子様の場合は飽きてしまいますね。ビュッフェなら、ご自身でお皿にお食事を盛りつけた後はすぐにお食事スタート。お食事がすんだらすぐにキャビンに戻ることができるのも、ビュッフェレストランの良いところです。

その他にも、イタリア船らしいおすすめのピッツエリア『ナポリピッツア』が船内にあります。世界でも薪を使った石窯オーブンでピッツアを焼き上げる船は、このコスタ ネオロマンチカだけ。ピッツアなら抵抗なく召し上がることができるお子様も多いのではないでしょうか。このピッツァは有料にはなりますが、デザート付きで1枚8ドル~。『東京都内の有名ピッツエリアよりもおいしいね』とお褒めのお言葉を頂戴したこともあるほどです。

ビュッフェレストラン

4. 『普段はできない体験を』
キッズクラブ「スクウォッククラブ」

あまり街では体験できない海賊パーティー、ドーナツパーティー、ダンスやゲームが盛りだくさん。コスタクルーズではこのキッズクラブも無料です。途中休憩をはさみますが、24時まで専門の資格を持ったスタッフが預かっています。航路によっては外国人のお子様も利用しており、外国人のお友達ができることも。スクウォッククラブでお子様が楽しく遊んでいる間、パパやママは、スパやバーなどで大人の時間をお楽しみいただくこともできます。

スクウォッククラブで遊ぶ子どもたち

5. 『家族でステキに背伸びしよう』 船内のショーやパーティー、イベントについて

船内では分刻みでイベントが開催され、昼間はお子様も参加いただけるようなクイズやゲーム、アートクラフトクラスを開催しています。夜は毎晩パーティーとショーが開催。特に、お勧めなのが『ラテンダンスショー』。さらに、イタリア船らしくオペラのショーもあります。こうしたショーは、小さなお子様に本物の芸術に触れる機会を与えることができるのもコスタクルーズのよいところです。

お子様連れでこうした体験をしながら、いくつかの都市を巡り、各所で観光ができるのがクルーズの良いところ。必ず海外の都市が1つは含まれる行程であるがゆえに海外旅行なのです。また、コスタクルーズはクルーのほとんどが外国人クルー。乗船直後から海外にいる雰囲気を感じることができます。

テーマナイトのドレスアップした家族

これで納得!クルーズに行きたくなったら

 

家族旅行のポイントは、
子どもも大人も楽しめる旅

  • ブラックフライデーバナー
  • いかがでしょうか。 コスタクルーズはファミリーの家族旅行にとてもオススメ。 クルーズなら、パパもママもお子様も家族全員が本当の休暇を楽しめる。これこそが、家族旅行を楽しむポイントではないでしょうか。 2020年のクルーズを予約するなら今がチャンス!年に一度のブラックフライデーでお得な家族旅行を。

    【11/29~12/13までの期間中、ブラックフライデー開催中】 横浜発 5泊6日のクルーズが51,800円~

お子様のクルーズ代金は無料になる場合と半額になる場合の2パターンございます。 ※1部屋につき大人2名様分のクルーズ代金をお支払いになった場合、同室利用の13歳未満のお子様2名までのクルーズ代金は無料。 ※1部屋(内側、海側キャビンのみ)につき大人1名・子ども1名で同室利用の場合、通常お子様も1名分料金のところ、同室利用の13歳未満のお子様のクルーズ代金は半額。

さあ、お得にクルーズへ行こう!